花摘み学園女子高等学校立ちション部

男子禁制

サニスタンド

当ブログでも名前だけ登場した「サニスタンド」。
地上波やネットで取り上げられる機会も多いのでご存知の方も多いかもしれませんね。

いわゆる"女性用立ち小便器"です。

st1.jpg

1930年代にアメリカで登場し、日本でも1951年に衛生陶器メーカーの東洋陶器(現TOTO)が製造販売を開始。
ストッキングの伝線防止を触れ込みに導入されたようですが、各方面からの評判は悪く、1971年に製造中止されてしまいました。
結局、ほとんど普及しなかったそうです。

TOTOのお膝元である福岡県内の一部の女子高校でも一時期導入されたことがあったそうですが、「年頃の若い娘になんてことをさせるんだ!」と父兄からのクレームが殺到したとか。(笑

「京女の立ち小便」という言葉がありますが、かつては日本でも西日本や農村地帯では女性の立ち小便(というよりは中腰ション)の文化があったんですけどねぇ・・・。

st2.png

男性用小便器に比べ、下受け部分が大きくせり出しているのが特徴です。
ちょうど男子用小便器と普通の洋式便器を足して2で割ったような形をしています。
一番上の画像でも確認できますが、基本的にはこの小便器にお尻を向けてやや中腰の状態で使用する設計です。

排水口を見る限り紙も流せそうですが、これでは結局小でないほうをする人も出てくるのではと思うのは自分だけでしょうか・・・?

st3.jpg

上の画像は今はなき旧国立競技場トラック下の地下フロアに設置されていたものです。
競技中の女子選手用ということだったのでしょうが、実際に使用した女子選手はいたんですかね?
旧国立競技場の取り壊しが決定する遥か以前からこのトイレは閉鎖状態だったようですが、いずれにせよ、新国立競技場では設置されることはないでしょうね。(笑
ちなみにこのサニスタンド、現在は福岡県北九州市にあるTOTOミュージアムで見ることができます。

いくつか問題点はありますが、個人的にはこれはこれでありのような気もするんですけどね。
公衆トイレでは、小の際便座に触れることを嫌って中腰で用を足すという女性の話もよく聞きますし、今だったらサニスタンドが設置されていれば使う女性も多いのではないでしょうか(もちろん、個室になっていればの話ですが)?
女子トイレの混雑緩和にも一役買うと思うんですけどねぇ・・・。

ということで、まだやるのかアンケート第四弾「もしも女子トイレにサニスタンドが設置されていたら」作ってみました。

アンケートの結果はこちらからご覧いただけます。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

女性用立ちション補助器具(6)

女性用立ちション補助器具紹介パート6。
今回は「LadyP」です。

http://www.ladyp.eu/ (LadyPホームページ[英語])

LP1.jpg

見るからに"漏斗"な形状です。
「GoGirl」をスマートかつスタイリッシュにしたようなデザインです。
リードを付けたら楽器にもなりそうですね。(笑

指掛けが特徴的です。
専用ケースは器具の形状に沿った形をしていますが、シリコンゴム製なので一応折り畳みも可能。
オプションで延長チューブもあります。
まあ、専用ケースと延長チューブなどはほぼどのメーカーの製品にも用意されています。

LP2.png
LP3.jpg

受け口は他社の製品と比べて大き過ぎず小さ過ぎずのサイズ、比較的クセの少ない形状です。
チャームポイントに被せる設計なので全方向満遍なくカバーできます。
「pStyle」と見比べると、とても同じ目的で使う道具には見えませんね。。。

初心者にも使いやすい、万人向けの器具だと思います。

女性用立ちション補助器具(5)

女性用立ちション補助器具紹介パート5。
今回は「pStyle」です。

https://www.thepstyle.com/ (pStyleホームページ[英語])

ps1.jpg
ps2.jpg

『これ、ラーメン屋で見たことあるよ』
そう思われた方も多いかもしれませんね。(笑

p3.jpg

ご覧の通り、左右および水平面~上に対してはまったくのノーケア、下方に対するサポート重視の(というより、下方に対するサポートに特化した)設計です。
器具よりも上に飛ばせる人はそれなりに上手く立ちションできる人、という発想なのでしょうか?

それでも、普段から尿が下向きに出るという人の場合は勢いを調節しながら出す必要があります。
下向きに出る人の場合、器具よりも上を飛ぶにせよ器具を伝って出るにせよ一定角度以上に器具を下に向けてしまうと尿は結局足下に落ちて飛沫が足にかかるし、逆に器具を上向きにしても、底が特別深い訳ではないので勢いよく出すと器具に当たった尿がしぶいてしまう恐れがあります。

ps4.jpg

カラーも何色か取り揃えているようですね。
補助器具というよりは、"滴受け"という感じが強いです。
いずれにせよ、これまで紹介してきた器具の中では最も上級者向けのような気がします。


・・・でもさ、これなら別に蓮華でもよくない?(ぼそっ